困ったことがあれば助けを求めること


社会福祉法人 お告げのフランシスコ姉妹会

子供寮自立支援施設を見学させていただきました。

 

この施設には2才~18才、おおむね50名の子供たちが生活をしています。

 

シスターが話してくれたことは、

 

『困ったことがあれば助けを求めること』

 

母子が一緒な事が当たり前の幸せの様に思うが質の良い関わり方をしたか否かの問題。

 

経験したこと以外の事を人は出来ないので、小さなころにつらい経験をした子も

自分が親になった時には子供に接する時には同じことをしてしまうそうです。

虐待や貧困という連鎖を断ち切る為の養育をされ続けています。

親もまた助けを求めてる場合が多いのかもしれません。

 

一貫性のない子育ては至難の業と仰る中、子供たちに愛と良い環境を創り続けてきた。

ここから巣立ったOBの女の子が遊びに来ていましたが、

私たちの見学を快く迎えてくれてとても素敵な女性でした。

 

様々な事情で入所をしている子供たちのことを、

「沢山の大人達に現実の事としてしっていて貰いたい」

と(子供食堂だんだん・近藤さん)が会を開いてくれました。

 

私自身、とても質の良い教育を出来ているとは思えないな~。

子供達の祖母や叔父・叔母と子供に接してくれる様々な方達に支えられての子育てです。

何も言わずとも支えてくれる、察してくれる、そんな存在に救われている毎日

 

子供は国の宝、色々なシチュエーションで決して所有物と勘違いしてはいけないし

お母さん、お父さんが苦しくて潰れてしまいそうな時にも

 

『困ったときには周りの人に助けを求める』

 

自分の利害ばかりの求めはダメですけど。。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日本仲人連盟六郷支部フタバ会
http://happy-deai.jp/
住所:東京都大田区南六郷2丁目2-1
TEL:03-3736-1129
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇IMG_1740